3Dデータ活用

3Dデータ活用

受講対象者

  • 測量設計・建設業で3Dデータを利用される方
  • 警察・消防等の現地検証等に利用されたい方

コースの特徴

専用の実習フィールドでi-construction、SIM・BIMに対応した写真やLiDARによる3Dデータの取得方法やその活用法を習得

受講料

100,000円(税込)

※オリジナルTシャツプレゼント

受講時間・日数

2日間
  • 座学:4時間以上
  • 実技:8時間以上

カリキュラム

  • 機材・操作方法説明
  • ソフトウエア操作方法説明
  • 実習

持ち物

  • JUIDA認定の[操縦技能証明]及び[安全運航管理者証明]の証明証、又は同等の資格の証明証名、認定番号等が分かるもの
  • 写真付き身分証明証(運転免許証やマイナンバーカードなど)
  • 筆記用具
  • サングラス・防寒着(屋外実習時)

使用する機材等

  • SkyMapper markⅡ
  • Hovermap 100(SLAM対応)
  • Pix4D
  • ContextCapture